睡眠薬の種類を知ろう

さまざまな種類の睡眠薬
睡眠薬を服用する上でどのような効果があるのか、きちんと知っておきたいと思ったことありませんか?
実は、睡眠薬にもさまざまな種類と強さが存在します。
毎日眠れなくてしんどい思いをしているという方は、思い切って睡眠薬の力を借りてみましょう!

●睡眠薬の強さはどう判断する?
睡眠薬には、主にベンゾジアゼピン、非ベンゾジアゼピンがあります。

ベンゾジアゼピンは即効性があり、自然に眠りにつくというよりも急に睡魔がきてストン、と眠りに落ちる睡眠薬です。
副作用としては、毎日のように服用していると体に耐性がつき、依存性のリスクが高まります。

非ベンゾジアゼピンは主に、熟眠感があまりなくて深い眠りにつきたい人が使用します。リラックス効果に特化しているので、ゆっくりと身体に眠気を誘ってくれます。
ベンゾジアゼピンほど副作用が強くないのが特徴ですが、人によってはふらつきやめまいを起こすことがあるので気をつけましょう。

即効性にこだわらないという方は、オレキシン受容体拮抗薬かメラトニン受容体作動薬を試してみてはいかかでしょうか?
オレキシン受容体拮抗薬の特徴
・オレキシンという脳を覚醒させるホルモンの働きを緩め、眠気を促す
メラトニン受容体作動薬
・体内時計を整えている役割を務めているメラトニンとの仲介関係を持ち、自然に近い眠りへと導く
・主に不眠症の寝付けない方に用いられる

●まとめ
睡眠薬はたくさんの種類があって、何がどう違うのか混乱してしまいがちです。しかし、自分自身の体に使用する薬の内容は、きちんと把握することが大切です。
初めて服用する方は、病院へ受診に行き医師と相談した上で睡眠薬を試してみましょう。