快眠のためにできること

違いをかんがえている人
毎晩気持ちよくグッスリと、眠れていますか?
「快眠なんて今まで感じたことないし、これからも無理そう…」と諦めていると、睡眠の質を上げることはできません。
では、具体的にどうすればいいのか、誰にでも真似できる方法をお伝えします。

●ストレスをなくそう
毎日忙しい、常に何かしら考えていて精神的に余裕がない、そんな方多いですよね。
ストレスは真面目な人ほど感じやすいです。
マイナス思考、仕事のミスなどが積み重なって自分を責めていませんか?
ずっと焦りや緊張感を感じたままだと、快眠は得られません。
プラス思考に切り替えるクセをつける、笑うときは大げさに声を出してみること。
また、見た目に気を配ることで表情や雰囲気が変わり自信がついて、結果的にストレス解消できた方もいます。

●寝酒で眠れるようにはならない
晩酌は良くても寝酒はおすすめしません。
また、寝酒と晩酌のニュアンスを混合してはいけません!晩酌とは就寝前の3~4時間前に飲酒する行為のことをいいます。
寝酒は眠るために、眠る前に飲酒することです。
確かに、お酒には寝つきを良くしてくれる効果もあります。しかし、アルコールは脳を刺激するため、かえって目が冴えてしまったり疲れが取れなかったりといった影響があります。

●快適な就寝環境を
眠るときのお部屋の環境を見直してみましょう。
日本のほとんどの地域は四季がはっきりとしていますよね。季節によって寝具を調整してみるのもひとつの手段です。
部屋の温度、湿度も睡眠の質に大きく関わってきます。
暑すぎる時は換気、寒すぎるのであれば冬仕様の布団をかぶってみましょう。
就寝する30分前から好きな音楽を聞く、香りにこだわりのある方ならばアロマを焚いてみるなど、それぞれの方法があります。自分に合いそうな就寝環境を作り、快眠を日々の生活に取り入れていきましょう!